若者・旅人に優しい日本人宿 in シェムリアップ
OPEN:7:30〜22:00(年中無休)

【夜行バス】シェムリアップからプノンペンへ【朝の露天風呂が最高】

no-img2
とっしー

こんにちは、BLANKマネージャーのとっしーです。

 

BLANKオーナーの土屋(つっち)と一緒に、シェムリアップからプノンペンに弾丸日帰り出張してきました

そこで今回は、シェムリアップからプノンペンへの移動と、朝方のプノンペンでの過ごし方についてお話します。

 

シェムリアップ→プノンペンへはホテルバスを利用

 

この日の移動手段はホテルバスという、寝台列車のような夜行バスです。

ギリギリの予約だったので、ダブル席しか空いておらず、オーナーと添い寝しながらプノンペンに。

 


ホテルバスの上段は冗談抜きで冷蔵庫並に寒いので、なにか羽織るものを持っていくのがおすすめです。

 

【注意】ホテルバスにはトイレがありません

 

あとホテルバスにはトイレがないので、お腹の調子を整えることが何気に超大事。

 

 

ちなみに、オーナーのつっちはペペロンチーノの唐辛子を食べすぎて、6時間もの間腹痛に苦しむことに…。

 

朝の5時前にプノンペン中心部に到着

 

朝の4時50分ほどでバスから降ろされ、プノンペンの中心地に到着。

 

 

何をすればいいのか途方にくれてツイートすると、プノンペンによく行く友達からリプで、東屋ホテルの朝風呂を勧められました。

とりあえずホテルバスが極寒でほぼ寝られなかったので、半日利用できそうな安宿を探し歩くことに。

そうして見つけた安宿を、数時間の利用で借りました。

 

 

ぶっちゃけ汚すぎて、BLANK GUESTHOUSEが相対的にかなり綺麗に見えました…(笑)。

まぁどれだけ汚くても、2人とも3時間ほど爆睡をかましましたが。

 

東屋ホテルの朝風呂(サウナ付き)で汗を流す

 

半日利用したゲストハウスをチェックアウトして、PassApp(カンボジアの配車アプリ)で、日本人経営の東屋ホテルへ。

ホテルに入った瞬間に、ただただ日本を感じました(笑)。

そして露天風呂に感動、、サウナまであって最高です。

 

 

以上が、シェムリアップからプノンペンまで夜行バスを利用した感想と、朝の過ごし方でした。

朝風呂は男性限定ですが、すごくおすすめですよ!

 

というわけで今回は以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


TEL:012-893-001
OPEN:7:30〜22:00(年中無休)
Check-In:15:00〜22:00(レイトチェックインご希望の方は別途ご連絡ください)
Check-Out:11:00まで(セルフチェックアウトになります)
Access:シェムリアップ国際空港からトゥクトゥクで約15分。空港ピックアップ送迎承ります($7)。予約フォームよりご予約ください。
Address:BLANK GUESTHOUSE, 5 Road No.6, Krong Siem Reap, Cambodia
(C) 2019 【公式HP】BLANK GUESTHOUSE. All rights reserved. Theme by LIQUID PRESS.